1. ホーム
  2. Honda R&D Technical Review Vol.11 N...
  3. ガス燃料エンジン用バルブシート材の開発

ユーザログイン

ログインID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れの方

ビューアーアプリ

ActiBook
  • for Android
  • for iPhone

Technical Review e-Book 論文要旨

ガス燃料エンジン用バルブシート材の開発

Honda R&D Technical Review Vol.11 No.1 収録

要旨

従来,CNG,LPGなどのガス燃料使用下においては,バルブシートの摩耗が大きく,ガソリンエンジン並みの耐摩耗性を持たせることは困難であった.そこで,ガス燃料使用下におけるバルブシートの摩耗メカニズムを解析し合金設計を行った.
マトリックスの合金化を図ると共に硬質粒子に自己潤滑効果を有する,Co-Mo-Cr系を採用した.また,耐摩耗性と相反する被削性の向上を図るため,MnSを添加した焼結合金製バルブシート材を開発した.その結果,ガソリンエンジンと同等の耐摩耗性を得ることができた.

参考文献

1) Fujiki A., Kano M.: New PM Valve Seat Insert Materials for High Performance Engines, SAE Paper 920570
2) 新井,村石:ホンダ圧縮天然ガス専用乗用車,HONDA R&D Technical Review, Vol.9, P.17-24 (1997)

著者(所属)

佐藤 克明(栃木研究所)、緑川 輝明(栃木研究所)、山崎 安弘(栃木研究所)、高橋 輝夫(日本ピストンリング(株))

この論文についてお問い合わせをする

この論文を読んだ方はこんな論文も読んでいます

第3期F1エンジン総括
Honda R&D Technical Review F1 Special (The third Era Activities) 収録
低コストエンジン排気バルブシート材の開発
Honda R&D Technical Review Vol.17 No.1 収録
V10 500馬力エンジンの開発 -高出力と環境性能の両立技術-
Honda R&D Technical Review Vol.22 No.2 収録