1. ホーム
  2. Honda R&D Technical Review F1 Speci...
  3. 高磁束密度ステータコアの開発

Technical Review e-Book 論文要旨

高磁束密度ステータコアの開発

Honda R&D Technical Review F1 Special (The third Era Activities) 収録

要旨

高磁束密度材料である鉄コバルト合金の板厚と組織を最適化し,接着剤と表面処理技術を新規開発してステータコアの鉄損を60%低減させた.磁気特性と寸法精度を満足する製造プロセスを開発し,積層部品の生産体制を構築した.本ステータによりモータを20%小型化することができた.

参考文献

(1)松岡秀夫:わかる電磁鋼板,新日本製鐵株式会社,P.40 (1985)

著者(所属)

三好 健宏(四輪R&Dセンター)

この論文を読んだ方はこんな論文も読んでいます

F1ハイブリッドシステムの開発
Honda R&D Technical Review F1 Special (The third Era Activities) 収録
高熱伝導ヒートスプレッダ材料の開発
Honda R&D Technical Review F1 Special (The third Era Activities) 収録
第3期Honda F1駆動力制御システムの開発
Honda R&D Technical Review F1 Special (The third Era Activities) 収録