1. ホーム
  2. Honda R&D Technical Review F1 Speci...
  3. 第3期Honda F1ギヤボックス制御の開発

ユーザログイン

ログインID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れの方

Technical Review e-Book 論文要旨

第3期Honda F1ギヤボックス制御の開発

Honda R&D Technical Review F1 Special (The third Era Activities) 収録

要旨

第3期Honda F1ギヤボックスの主たる開発項目として加速の途切れをゼロとするシームレスギヤボックス(以下Quick Shift)が挙げられる.
ギヤシフト制御に関しては,Quick Shiftの成立性に課題のあったドグのダメージと過大トルクを制御にて回避することで,他チームに先駆け,初めてレース投入を実現した.また,その後もさらにスムーズなギヤシフトを探求し続け,シフト時に発生するイナーシャトルクとドライブシャフトのねじれ振動の相関からトルク変動を最小限とするためのメカニズムを確立できた.

著者(所属)

岸 隆行(四輪R&Dセンター)、永利 嘉記(四輪R&Dセンター)、中村 博政(四輪R&Dセンター)、深尾 洋一郎(四輪R&Dセンター)

この論文についてお問い合わせをする

この論文を読んだ方はこんな論文も読んでいます

F1用ギヤボックス開発概論
Honda R&D Technical Review F1 Special (The third Era Activities) 収録
F1用シームレスシフトの開発
Honda R&D Technical Review F1 Special (The third Era Activities) 収録
F1用クラッチシステムの開発
Honda R&D Technical Review F1 Special (The third Era Activities) 収録