1. ホーム
  2. Honda R&D Technical Review F1 Speci...
  3. F1エンジン骨格技術の紹介

ユーザログイン

ログインID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れの方

Technical Review e-Book 論文要旨

F1エンジン骨格技術の紹介

Honda R&D Technical Review F1 Special (The third Era Activities) 収録

要旨

Hondaの第3期F1参戦において,F1界ではエンジン開発における出力至上主義の考え方は,すでに過去のものとなっており,レース車両を構成する一要素となっている.もちろん,レースエンジンである以上,高出力化は必然であるが,車載パッケージに貢献する基本骨格がより重要な要素である.
本稿では,サーキットでのラップタイムを短縮するため,車両トータルとしての空力および運動性能を重視した小型,軽量,低重心,高剛性といったエンジン基本骨格と潤滑冷却システムに関し,エンジン開発の初期段階から,どのようなコンセプトで骨格をレイアウトし,その実現のために必要な新技術をどう具現化していったかについて述べる.

参考文献

(1)村井悠,土屋雅之:軽量,低フリクション樹脂オイルポンプロータの開発,Honda R&D Technical Review, F1-Special (The Third Era Activities), p.259-260

著者(所属)

近藤 基芳(四輪R&Dセンター)、遠藤 一(四輪R&Dセンター)、後藤 哲男(四輪R&Dセンター)

この論文についてお問い合わせをする

この論文を読んだ方はこんな論文も読んでいます

F1エンジン用動弁系の開発
Honda R&D Technical Review F1 Special (The third Era Activities) 収録
第3期F1エンジン総括
Honda R&D Technical Review F1 Special (The third Era Activities) 収録
第3期Honda F1エンジン開発の解説
Honda R&D Technical Review F1 Special (The third Era Activities) 収録