1. ホーム
  2. Honda R&D Technical Review Vol.14 N...
  3. タイミングチェーン荷重予測手法の確立

ユーザログイン

ログインID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れの方

Technical Review e-Book 論文要旨

タイミングチェーン荷重予測手法の確立

Honda R&D Technical Review Vol.14 No.1 収録

要旨

可変バルブリフトタイミング機構および連続可変バルブタイミング機構下でのタイミングチェーン耐久性検討を目的としたチェーン荷重予測手法を確立した.リリーフバルブ付テンショナ及び動弁系のモデル化により,異なるリリーフ圧およびバルブタイミングでのチェーン荷重予測を可能とした.更に,従来不可能であった高回転域でのチェーン荷重の直接測定を可能とするテレメータ手法も開発し,シミュレーションの妥当性を実機で検証した.これらにより,異なるリリーフ圧,バルブタイミング下で高回転域までチェーン荷重の予測が可能となった.

参考文献

(1)Wang, K.W.: Vibration Analysis of Engine Timing Chain Drives with Camshaft Torsional Excitation, SAE Paper 911063
(2)Reinicke-Murmann, J.: Analysis and Development of Camshaft Drive Systems Using a Computer Simulation, SAE Paper 9400448
(3)Hwang, Shng-Jiaw: Torsional Response of Automotive Timing Chain Systems, SAE Paper 940689
(4)Gregori, H.: Simulation der dynamischen Effekte im Steuerkettentrieb mit Hilfe der FE-Method, Konstruktion 45 p.358-364 (1993)
(5)Rosse, J.: Simulating the Dynamic Behaviour of Chain Drive Systems by Advanced CAE Programs, SAE paper 960298
(6)石本,鈴木:チェーン伝動機構の動解析,TSUBAKI TECHNICAL REVIEW Vol.5 No.1 p.41-48 (1995)
(7)Hellinger, W. Priebsch, H. H. Rainer, G. Ph.: Auslegung von Ventiltrieben für Hochleistungsmotoren-Rechnerische und Experimentelle Verfahren. 16. Internationales Wiener Motorensymposium 1995
(8)Weber, C.: Experimental Investigation Into The Dynamic Engine Timing Chain Behavior, SAE paper 980840

著者(所属)

髙岸 広(栃木研究所)、菅原 一志(栃木研究所)

この論文についてお問い合わせをする

この論文を読んだ方はこんな論文も読んでいます

リンクバイリンク法によるオイルポンプチェーン挙動シミュレーション
Honda R&D Technical Review Vol.19 No.2 収録
サイレントチェーンの伸びメカニズムと予測技術の研究
Honda R&D Technical Review Vol.24 No.1 収録
マルチボディダイナミクスを用いた補機ベルト挙動シミュレーション
Honda R&D Technical Review Vol.18 No.1 収録