1. ホーム
  2. Honda R&D Technical Review Vol.15 N...
  3. 液封ブッシュによるハーシュネスとロードノイズの低減技術の研究

ユーザログイン

ログインID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れの方

ビューアーアプリ

ActiBook
  • for Android
  • for iPhone

Technical Review e-Book 論文要旨

液封ブッシュによるハーシュネスとロードノイズの低減技術の研究

Honda R&D Technical Review Vol.15 No.2 収録

要旨

液封構造を持つ防振ゴム部品は低い動的バネと高い減衰を持ち,特性設定の自由度も高い.その利点をサスペンションのブッシュで活かし,乗心地とロードノイズを向上する手法を検討した.
段差を持つ路面を走行する場合のハーシュネスでは多くの場合,タイヤへの入力が左右で同位相である.これに着目し,左右で異なる特性を持つ液封コンプライアンスブッシュを用いて車体への伝達力の位相差を発生させる事により,左右の伝達力を打ち消し合わせる手法を開発した.この手法により段差路面における車体への伝達力を従来に対して低減した.
舗装の粗い路面を走行する場合のタイヤの振動はサスペンションを通じて室内に伝達される.ロードノイズの周波数域ではサスペンションのゴムブッシュはバネ要素,減衰要素として作用し,アームは剛体要素,弾性要素として作用し,ロードノイズに関してこれらの寄与が高い事を見出した.この知見を元に液封ブッシュの特性を最適化し,ロードノイズの向上を達成した.

参考文献

(1)皆川正明ほか:路面からタイヤへの伝達力の計測手法を利用した振動伝達低減技術,自動車技術,Vol.54, No.11 (2000)
(2)佐野久ほか:アクティブ騒音制御のための音響伝達系の低次元モデリングとフィードバック制御系の設計法,HONDA R&D Technical Review, Vol.12, No.1, p129-136 (2000)
(3)宮城島義正:北米のプルービングセンターの紹介,自動車技術,Vol.54, No.6 (2000)

著者(所属)

宮本 康生(栃木研究所)、中村 聡(栃木研究所)

この論文についてお問い合わせをする

この論文を読んだ方はこんな論文も読んでいます

ロードノイズ低減のためのサスペンションシステムの考察
Honda R&D Technical Review Vol.23 No.1 収録
新型CIVICのロードノイズ低減技術
Honda R&D Technical Review Vol.29 No.1  収録
低周波振動騒音に対するサスペンション・エンジンマウント伝達経路解析の精度向上
Honda R&D Technical Review Vol.16 No.1 収録