1. ホーム
  2. Honda R&D Technical Review Vol.19 N...
  3. リンクバイリンク法によるオイルポンプチェーン挙動シミュレーション

ユーザログイン

ログインID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れの方

Technical Review e-Book 論文要旨

リンクバイリンク法によるオイルポンプチェーン挙動シミュレーション

Honda R&D Technical Review Vol.19 No.2 収録

要旨

エンジンのオイルポンプチェーン荷重を精度良く予測するシミュレーション技術を確立した.確立にあたってチェーンに発生する遠心力と慣性力を考慮できることと,弦振動が大きいブレードテンショナから油圧テンショナを用いたシステムまでチェーン荷重予測ができることを主眼とした.そのためチェーンは1リンクを一つの質点に置き換え,その間をスプリングで連結するリンクバイリンクモデルとした.この研究によりオイルポンプチェーンシステムの特徴が明らかになり,オイルポンプチェーンの挙動と荷重を高い精度で予測することが可能となった.

参考文献

(1)髙岸広,菅原一志:タイミングチェーン荷重予測手法の確立,Honda R&D Technical Review, Vol.14, No.1, p.223-230
(2)Hellinger, W., Priebsch, H. H., Rainer, G.Ph.: Auslegung von Ventiltrieben fuer Hochleistungsmotoren -Rechnerische und Experimentelle Verfahren, 16. Internationales Wiener Motorensymposium(1995)
(3)Takagishi, H., Shimoyama, K., Asari M.: Prediction of Camshaft Torque and Timing Chain Load for Turbo Direct Injection Diesel Engine, SAE Paper, 2004-01-0611(2004)
(4)Sopouch, M., Hellinger, W., Priebsch, H.H.: Simulation of Engines Structure Borne Noise Excitation due to the Timing Chain Drive, SAE Paper, 2002-01-0451(2002)
(5)AVL: Tycon User’s guide H(2005)
(6)Takagishi, H.,Katsuki,M., Kawamura,Y., Nagakubo,A.: Prediction of Transmitted Load for Turbo Direct Injection Diesel Engine, FISITA Paper, F2004-F387(2004)
(7)Niemann, G., Winter, H.: Maschinenelemente Band 3, Springer-Verlag, p.117-118(1986)
(8)Ohgoshi, J.: Roller chain, Corona publishing Co.,LTD, p.28-29(1976)
(9)Funk, W.: Zugmittelgetriebe, Springer-Verlag, p.81(1995)

著者(所属)

髙岸 広(四輪開発センター)、長久保 篤史((株)ピーエスジー)、六車 和人(四輪開発センター)、高橋 信晴(四輪開発センター)

この論文についてお問い合わせをする

この論文を読んだ方はこんな論文も読んでいます

タイミングチェーン荷重予測手法の確立
Honda R&D Technical Review Vol.14 No.1 収録
マルチボディダイナミクスを用いた補機ベルト挙動シミュレーション
Honda R&D Technical Review Vol.18 No.1 収録
サイレントチェーンの伸びメカニズムと予測技術の研究
Honda R&D Technical Review Vol.24 No.1 収録