1. ホーム
  2. Honda R&D Technical Review Vol.33 N...
  3. 電磁接触器が励振する電動車騒音の予測技術

ユーザログイン

ログインID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れの方

Technical Review e-Book 論文要旨

電磁接触器が励振する電動車騒音の予測技術

Honda R&D Technical Review Vol.33 No.1 収録

要旨

電動車には高電圧バッテリーユニットが車体に搭載されており,このユニット内の電磁接触器の作動音は乗員にとって不快に感じられる.この騒音を,高電圧バッテリーユニット単体の加振力と車体の構造音響伝達特性から予測する手法を構築した.コンポーネントベース伝達経路解析を採用することで,振動源と伝達系を切り離し,高電圧バッテリーユニット単体の車体側へ伝達する荷重と車体構造伝達とキャビン音響伝達を複合した伝達関数を用いることで完成車状態の騒音を予測できるようにした.さらに,サブユニットであるジャンクションボードの荷重から高電圧バッテリーユニット単体の荷重を予測するCAEモデルを構築し,高電圧バッテリーユニットの図面段階で加振力を予測できるようにした.以上の技術により,完成車状態における騒音の評価が,性能設計の段階で検討できるようになった.

参考文献

(1) Yamagishi, T., Ishikura, T.: Development of Electric Powertrain for CLARITY PLUG-IN HYBRID, SAE World Congress Proceedings, SAE Int. J. Engines 7(3), 323-333, doi: 10.4271/2018-01-0415, (2018)
(2) 木村顕一郎,河﨑輝明,大村孝之,渥美淑弘,清水潔:新型燃料電池自動車CLARITY FUEL CELLの開発,Honda R&D Technical Review, Vol. 28, No. 1 p. 1-7
(3) Fukazu, T., Matsuo, Y.: Development of Electric Powertrain for New Model Hybrid Sports Utility Vehicle, SAE World Congress Proceedings, SAE Technical Paper, doi: 10.4271/2017-01-1158, (2017)
(4) 小林紀久,金森伊織:SPORT HYBRID i-DCD用IPUの開発, Honda R&D Technical Review, Vol. 26, No. 1, p. 22-26
(5) 町田淳,圓眞義,早瀬章吾:2018年モデルAccord Hybrid用Intelligent Power Unit, Honda R&D Technical Review, Vol. 30, No. 2, p. 72-75
(6) LMS International, Transfer Path Analysis: The Qualification and Quantification of Vibro-Acoustic Transfer Paths, LMS International, Application Notes, (1995)
(7) 能村幸介,吉田準史:主成分回帰法を用いた車内音の伝達経路解析手法, Honda R&D Technical Review, Vol. 18, No. 1, p. 136-141
(8) Almirón, J. O., Bianciardi, F., Corbeels, P: Structure-Borne Prediction on a Tire-Suspension Assembly Using Experimental Invariant Spindle Forces, SAE Noise and Vibration Conference & Exhibition, SAE Technical Paper 2019-01-1541, doi: 10.4271/2019-01-1541, (2019)
(9) Seijs, M. V., Klerk, D., Rixen, D. J.: General framework for transfer path analysis: History, theory and classification of techniques, Mechanical Systems and Signal Processing, Vol. 68-69, p. 217-244, (2016)

著者(所属)

下村 章人(本田技研工業株式会社)、外山 直基(本田技研工業株式会社)、川辺 正道(本田技研工業株式会社)、佐藤 嘉實(株式会社エステック)

この論文についてお問い合わせをする

この論文を読んだ方はこんな論文も読んでいます

無限音階のコンセプトを利用した電動化車両向けアクティブサウンドコントロール技術
Honda R&D Technical Review Vol.33 No.1 収録
三次元網目構造電極を適用した高容量リチウムイオン電池の内部抵抗低減
Honda R&D Technical Review Vol.33 No.1 収録
真実接触と油膜による摩擦係数算出モデルとその検証(ピストンリングとスリーブ)
Honda R&D Technical Review Vol.33 No.1 収録