ユーザログイン

ログインID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れの方

Technical Review e-Book 論文要旨

2018 Gold Wingの開発

Honda R&D Technical Review Vol.30 No.2 収録

要旨

Gold Wingは1975年に発売されたHondaのグランドツアラである.本開発ではGold WingのDNAである信頼性と安心感を継承しつつ,最新のテクノロジーを付加することで,Gold Wing史上で最も操って楽しいモータサイクルを目指した.この実現のため,軽量で高密度なパッケージングを最重点目標と設定し,完成車パッケージングを見直した.エンジンには軽量かつコンパクトな1,833 cm3水冷4ストローク水平対向6気筒エンジンを開発し,トランスミッションには微速前後進機能付の7速+リバースギヤのデュアルクラッチトランスミッションを初搭載した.フロントサスペンションにはHonda独自のダブルウィッシュボーン式サスペンションを開発した.これらの先進技術により,完成車として前モデルに対して,40 kgの軽量化と,全長で55 mm,全幅で40 mm,全高で25 mmの小型化を達成し,Gold Wing史上最も操って楽しいモータサイクルを実現した.

参考文献

(1) 青木柾憲,戸坂哲也,南秀美,石原浩,狩野宏司:ゴールドウィングGL1800の紹介,Honda R&D Technical Review, Vol.13 No.2, p.13-26
(2) 星紀夫,志村康雄,大熊孝則,野村明史,後郷和彦:4ストロークモトクロッサCRF450Rの紹介,Honda R&D Technical Review, Vol.14 No.1, p.21-30
(3) 横田洋,野島悟,薗田豊,大﨑裕介,紺谷昌弘,山崎覚:2018 Gold Wing用水平対向6気筒パワーユニットの開発, Honda R&D Technical Review, Vol.30 No.2, p.15-28
(4) 楠田篤志,横川幸生,中井一穂:2018 Gold Wing用シーン別ライディングモードの開発,Honda R&D Technical Review, Vol.30 No.2, p.36-43
(5) 平山琢,横川幸生,藤本靖司:2018 Gold Wing用7速DCTの開発, Honda R&D Technical Review, Vol.30 No.2, p.29-35
(6) 桒原直樹,三代純平:2018 Gold Wing用ダブルウィッシュボーン式フロントサスペンションの開発,Honda R&D Technical Review, Vol.30 No.2, p.44-49
(7) 西脇大祐,小澤弘幸:二輪車乗員の頭振られを引き起こす非定常流れの解析,自動車技術会2018年春季大会学術講演会講演予稿集,No.15-18, p.1-5, (2018)

著者(所属)

会田 樹穂子(二輪R&Dセンター)、中西 豊(二輪R&Dセンター)

この論文についてお問い合わせをする

この論文を読んだ方はこんな論文も読んでいます

2018 Gold Wing用水平対向6気筒パワーユニットの開発
Honda R&D Technical Review Vol.30 No.2 収録
副室ジェット燃焼によるガソリンエンジンの熱効率向上技術
Honda R&D Technical Review Vol.30 No.2 収録
2018 Gold Wing用7速DCTの開発
Honda R&D Technical Review Vol.30 No.2 収録