1. ホーム
  2. Honda R&D Technical Review Vol.29 N...
  3. ガソリンエンジンの排気側バルブシート摩耗量を予測するモデルの構築

ユーザログイン

ログインID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れの方

Technical Review e-Book 論文要旨

ガソリンエンジンの排気側バルブシート摩耗量を予測するモデルの構築

Honda R&D Technical Review Vol.29 No.2 収録

要旨

ガソリンエンジンの排気側バルブシート摩耗量を予測する技術を構築した.単体リグ試験と実機ベンチ試験における摩耗試験により,複数の因子を変数とした予測モデルを作製した.この試験によって制御可能な因子を分類するとともに,得られた摩耗量データから各因子の感度を把握した.また,材質が異なるバルブシートに本モデルを適用し,その汎用性を確認した.本モデルを活用することでシリンダヘッドの設計段階でバルブシート摩耗量を予測し,早期にシリンダヘッドの構造を工夫してバルブシートの耐摩耗性を高めるとともに,開発期間と開発コストを削減できた.

参考文献

(1) 中野弘二,和田裕介,城野実考,成廣繁:新型直列4気筒ガソリン直噴過給ダウンサイジングエンジン,Honda R&D Technical Review, Vol. 28, No. 1, p. 133-139
(2) 佐藤克明,緑川輝明,山崎安弘,高橋輝夫:ガス燃料エンジン用バルブシート材の開発,HONDA R&D Technical Review, Vol. 11, No. 1, p. 149-156
(3) 桶谷裕之,坪田隆志,石田正雄:低コストエンジン排気バルブシート材の開発,Honda R&D Technical Review, Vol. 17, No. 1, p. 130-137
(4) 河田英昭,藤塚裕樹:Co, Pbフリー排気バルブシート材,日立化成テクニカルレポート,第44号,p. 31-34, (2005)
(5) 大谷剛生,矢畑昇,藤木章,江平淳:エンジン用バルブ・バルブシート材の高温衝撃摩耗特性(マルテンサイト系耐熱鋼SUH3と鉄系焼結材との平面衝突の場合),日本機械学会論文集(C編),60巻576号,p. 333-339, (1994)
(6) 大谷剛生,矢畑昇,波多野裕輝,眞木邦雄:エンジン用バルブ・バルブシート材の高温衝撃摩耗特性(第2報,オーステナイト系耐熱鋼SUH36と二つの鉄系焼結材との平面・斜面衝突),日本機械学会論文集(C編),62巻598号,p. 265-272, (1996)
(7) 北山哲士,酒井忍,荒川雅生,山崎光悦:RBFネットワークによる逐次近似最適化(離散変数問題への適用),日本機械学会論文集(C編),78巻787号,p. 177-190, (2012)
(8) 上本龍二,鵜野浩行,永野章,大西哲也,亀田大輔,福田直樹,柳澤善行,吉田敦,久保敏幸,神原正:RIビームの連続摩耗測定法への適用,自動車技術会学術講演会前刷集,No. 30-11, p. 9-11, (2011)

著者(所属)

志波 義勝(四輪R&Dセンター)、岸和田 聡(四輪R&Dセンター)、吉井 健太(四輪R&Dセンター)、佐藤 範行(四輪R&Dセンター)、石井 啓資(四輪R&Dセンター)、橋本 尚(四輪R&Dセンター)、藤井 健史(四輪R&Dセンター)、鷹木 清介(日本ピストンリング株式会社)、大重 公志(日本ピストンリング株式会社)

この論文についてお問い合わせをする

この論文を読んだ方はこんな論文も読んでいます

副室ジェット燃焼によるガソリンエンジンの熱効率向上技術
Honda R&D Technical Review Vol.30 No.2 収録
新型NSX用3.5 L V型6気筒過給エンジンの開発
Honda R&D Technical Review Vol.29 No.2 収録
新型アコード ハイブリッド用2.0 Lエンジンの開発
Honda R&D Technical Review Vol.30 No.1  収録