1. ホーム
  2. Honda R&D Technical Review Vol.29 N...
  3. ハンドリングと乗心地を両立するための非線形CAE技術

ユーザログイン

ログインID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れの方

Technical Review e-Book 論文要旨

ハンドリングと乗心地を両立するための非線形CAE技術

Honda R&D Technical Review Vol.29 No.1  収録

要旨

車両運動性能設計ツールにハンドリングと乗心地の両立検討を容易とする機能を追加した.乗心地性能に寄与する特性を検討するため,路面からの入力と伝達特性を表現できるタイヤモデルを選定し,その同定技術を構築した.また,ボデーへの振動伝達経路となるサスペンションの振動伝達特性を再現するため,ボールジョイント,ダンパ,ブッシュ等の周波数依存性と振幅依存性を考慮するモデルとそのパラメータの算出手法を開発した.さらに,液体封入式マウントモデルのためにパラメータ同定手法も構築した.これらのモデル要素をマルチボディシミュレーションに組み込むことにより,初期検討段階においてハンドリングと乗心地を同時に検討することが可能となった.

参考文献

(1) 日本機械学会編:マルチボディダイナミクス(1)-基礎理論-,コロナ社,p. 305, (2006)
(2) 塚越誠,首藤拓也:部品の弾性変形を考慮したサスペンション特性解析,Honda R&D Technical Review, Vol. 15, No. 1, p. 195-202
(3) 鈴木朋和,日下馨:複数タイヤのデータ群から同定する「統計タイヤモデル」,Honda R&D Technical Review, Vol. 24, No. 1, p. 85-91
(4) Kusaka, K., Nagayama, N.: A Statistical Tire Model Concept - Applications to Vehicle Development, SAE Technical Paper 2015-01-1578, (2015)
(5) 日下馨,長山信行:統計タイヤモデル研究-Cp, Kz, DLR推定への適用-,自動車技術会シンポジウムNo. 21-15,シンポジウムテキスト,p. 59-69, (2016)
(6) Schmeitz, A.: Delft-Tyre Training - Basic MF-Swift Theory, Delft-Tyre Training Japan 2008
(7) Pacejka, H.: Tire and Vehicle Dynamics, Third edition, Butterworth-Heinemann, p. 672, (2012)
(8) Kusaka, K., Higuchi, M., Shibusawa, K., Muraoka, N., Tsukagoshi, M.: Transient tire model for handling analysis and predictio,Proc. of The Eighth International Pacific Conference on Automotive Engineering, (1995)
(9) 日下馨,樋口実,渋沢宏一,村岡尚彦,塚越誠:ハンドリングの予測技術の研究-動特性を考慮した非線形タイヤモデルの開発,HONDA R&D Technical Review, Vol. 7, p. 87-97
(10) Kusaka, K., Higuchi, M., Hirata. H.: Handling Analysis and Prediction During Cornering - The Analytical Prediction of Vehicle Cornering Maneuver with respect to Driver-Vehicle System Characteristics, Proc. of The Ninth International Pacific Conference on Automotive Engineering, (1997)
(11) Nagahisa, M., Kusaka, K., Minakawa, M., Nirei, T.: The Influence of Body Flexibility on the Handling Characteristics, Proc. of The 10th International Pacific Conference on Automotive Engineering, (1999)
(12) Kusaka, K., Nagahisa, M., Nishimura, T.: An Influence of Body Lateral Bending on Handling Characteristics, Proc. of The 11th International Pacific Conference on Automotive Engineering, (2001)
(13) Besselink, I., Schmeitz. A., Pacejka, H.: An improved Magic Formula/Swift tyre model that can handle inflation pressure changes, Vehicle System Dynamics, Vol. 48, Supplement, p. 337–352, (2010)
(14) 酒井智紀,日下馨,佐藤祐二:フラットベルト式サスペンションタイヤ試験機,Honda R&D Technical Review, Vol. 25, No. 2, p. 64-69
(15) 中原淳,皆川正明:複数のばね付フリクションを用いた実車サスペンションフリクションのモデル化手法,自動車技術会論文集Vol. 33, No. 4, p. 127-131, (2002)
(16) Nakahara, J., Yamazaki, K., Otaki, Y.: Rubber Bushing Model for Vehicle Dynamics Performance Development that Considers Amplitude and Frequency Dependency, SAE Int. J. Commer. Veh. 8(1), p. 117-125, (2015)
(17) 柳瀬浩,田村勉,高林宏幸,池畑澄人:大衆車用エンジンマウントシステムの振動騒音低減技術,Honda R&D Technical Review, Vol. 17, No. 2, p. 90-95
(18) 皆川正明,中原淳,二宮次郎,織本幸弘: 路面からタイヤへの伝達力の指向性を利用した振動伝達低減手法-第2報:路面入力実測による下過渡振動解析-, 自動車技術会学術講演会前刷集,No. 53-99,p. 5-8,(1999)
(19) 神戸弘樹,香村伸吾: 側面視サスペンション配置による前後振動低減, 自動車技術会学術講演会前刷集,No. 105-07,p. 1-6,(2007)

著者(所属)

大滝 雄介(四輪R&Dセンター)、日下 馨(四輪R&Dセンター)、中原 淳(四輪R&Dセンター)、久世 正文(四輪R&Dセンター)

この論文についてお問い合わせをする

この論文を読んだ方はこんな論文も読んでいます

量産車のMBDにおけるシャシ性能設計技術の構築
Honda R&D Technical Review Vol.29 No.1  収録
新型CIVICのビークルダイナミクス性能向上技術
Honda R&D Technical Review Vol.29 No.1  収録
MBDのための極低速走行操縦性シミュレーション技術
Honda R&D Technical Review Vol.30 No.2 収録