1. ホーム
  2. Honda R&D Technical Review Vol.28 N...
  3. 新型直列4気筒ガソリン直噴過給ダウンサイジングエンジン

ユーザログイン

ログインID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れの方

Technical Review e-Book 論文要旨

新型直列4気筒ガソリン直噴過給ダウンサイジングエンジン

Honda R&D Technical Review Vol.28 No.1 収録

要旨

走りと燃費を高次元で両立する新世代パワートレーン技術群であるEARTH DREAMS TECHNOLOGYの一環として2種類の新型直列4気筒VTEC TURBOエンジンを開発した.VTEC TURBOエンジンは共通の適用技術として,高タンブルポートと吸気と排気の両方のカムシャフトに配置されたValve timing control(Dual-VTC),マルチホールサイド直噴インジェクタ,電動ウェイストゲートアクチュエータ付高応答ターボチャージャを用い,高タンブル流動による燃焼技術に基づき過給条件と協調制御によって出力と熱効率を最大限に引き出すことができた.1.5 Lエンジンは最大出力を2.0 L自然吸気エンジンと同一の110 kWを維持しながら,低中速トルクを最大30%向上した.そして,本エンジンを搭載した車両はミニバントップクラスとなるJC08モード燃費17 km/Lと平成17年排出ガス基準75%低減を達成した.
2.0 Lエンジンは,高出力スポーツ用エンジンとして,最大出力228 kW,最大トルク400 Nmを達成し,本エンジンを搭載した車両は,欧州燃費モードにおいてCO2 170 g/kmと Euro6bを達成した.

参考文献

(1) Petitjean, D., Bernardini, L., Middlemass, C., Shahed, S. M.: Advanced Gasoline Engine Turbocharging Technology for Fuel economy Improvements, SAE Technical Paper, 2004-01-0988, (2004)
(2) Shahed, S. M., Bauer, K.: Parametric Studies of the Impact of Turbocharging on Gasoline Engine Downsizing, SAE Technical Paper 2009-01-1472, (2009)
(3) 鈴木雅樹,早川修一,石原祥道,新藤俊洋:小型車用 新L4ガソリンエンジンの開発,自動車技術会学術講演会前刷集,No.91-14, p.9-12, (2014)

著者(所属)

中野 弘二(四輪R&Dセンター)、和田 裕介(四輪R&Dセンター)、城野 実考(四輪R&Dセンター)、成廣 繁(四輪R&Dセンター)

この論文についてお問い合わせをする

この論文を読んだ方はこんな論文も読んでいます

新型1.0 L直列3気筒ガソリン直噴過給ダウンサイジングエンジンの開発
Honda R&D Technical Review Vol.29 No.1  収録
新型アコード ハイブリッド用2.0 Lエンジンの開発
Honda R&D Technical Review Vol.30 No.1  収録
新型NSX用3.5 L V型6気筒過給エンジンの開発
Honda R&D Technical Review Vol.29 No.2 収録