1. ホーム
  2. Honda R&D Technical Review Vol.26 N...
  3. 中型車用トルクコンバータ付8速DCTの開発

ユーザログイン

ログインID(メールアドレス)
パスワード

パスワードをお忘れの方

Technical Review e-Book 論文要旨

中型車用トルクコンバータ付8速DCTの開発

Honda R&D Technical Review Vol.26 No.2 収録

要旨

低燃費性能を達成しつつ,走る楽しさを際立たせた世界初のトルクコンバータ付8速デュアルクラッチトランスミッションを開発した.トルクコンバータの採用による力強くスムーズな発進,ドライブラインの低慣性化による素早い変速,多段クロスレシオ化によるリズミカルで途切れない加速などスポーティな走り感の創出をおこなった.また,ワイドレンジ化やフリクション低減などにより従来の5速オートマチックトランスミッションに対し,15%の動力性能向上と8%の燃費性能向上を達成した.全段共用ギヤ列,独自の2重管構造,超偏平トルクコンバータなどの採用で,サイズや重量を従来の同クラス用5速オートマチックトランスミッションと同等に抑えると同時に,多段化を実現した.

参考文献

(1) 岡本雅之,寺山哲,森本茂:安定性と応答性を両立させたCVT発進クラッチの油圧制御技術,Honda R&D Technical Review, Vol.19, No.1, p.79-85
(2) 河合則和,太田浩司,政岡泰行,小西弘順,小林平典:SPORTS HYBRID i-DCD用7速デュアルクラッチトランスミッションの開発,Honda R&D Technical Review, Vol.26, No.1, p.27-32

著者(所属)

町田 昭二(四輪R&Dセンター)、八木 紀幸(四輪R&Dセンター)、宮田 和典(四輪R&Dセンター)、貞清 雅行(四輪R&Dセンター)、尾梶 智哉(四輪R&Dセンター)、山根 伴紀(本田技研工業株式会社)

この論文についてお問い合わせをする

この論文を読んだ方はこんな論文も読んでいます

SPORT HYBRID i-DCD用7速デュアルクラッチトランスミッションの開発
Honda R&D Technical Review Vol.26 No.1 収録
第2世代NSX用縦置き9速デュアル・クラッチ・トランスミッション
Honda R&D Technical Review Vol.29 No.1  収録
2018年モデルN-BOX用CVT
Honda R&D Technical Review Vol.29 No.2 収録